UtaTenの記事「カラオケ嫌いでも楽しむ克服方法!」

UtaTenの記事「カラオケ嫌いでも楽しむ克服方法!」の考察

「カラオケ 苦手」でGoogle検索1位(2019.8.11時点)にいる、UtaTenの記事「カラオケ嫌いでも楽しむ克服方法!」を考察します。

 

記事作成日:2019.8.11 更新日:2019.8.11

 

カラオケは歌う場所なので、自分は音痴だと思っている人にとってはとても苦痛です。

 

その通りですね。
実際音痴かどうかはともかく、「自分が音痴だと思っている」と行きたくないですよね。

 

私の数多くの経験上、「誰がどう見てもスーパー音痴」な人は1人もいなかったです(テレビで音痴な芸人が歌ってたのは見たことありますけど、あれは絶対わざと)。

 

結局程度の問題なんです。

 

一番「音痴っぽい」人でも、せいぜいキーが4つくらいズレてるような人ですね。
上がらなきゃいけない時に全部下がり、下がらなきゃいけない時に全部上がり、同じ音程の時に極端に上がり下がりする人は音痴でしょうが、そんな人は見たことないです。

 

つまり、音の高低自体はそんな間違ってないわけです。
そして、こういう人はほとんどの場合、音がわかってないのではなく、その音域が出せないだけです。

 

つまり音痴なんじゃなくて、喉の問題なんです。
喉の問題なんて、練習すればどうにでもなります。

 

逆に、「σ(゚∀゚ )オレ、音痴じゃないよ!」という人でも、DAMの精密採点で音程100取れる人なんて何人いるでしょうか。
たぶん、フツーの人だと周りにも1人もいないです。

 

だって、超一流の『カラオケバトル』出場者でも音程90前後ですよ。あんなのが周りに10人も100人もいるような人は、フツーの環境の人ではありません。

 

所詮、程度の問題です。何百、何千って音程の16分の3の音の幅に全てブチ当てれる人なんてほっっとんどいないですし、メロディや音程に1%も合わせられないという人もいないんです。

 

音痴だ何だというのは大した問題じゃないんですよね。
自分がどうするか、ただそれだけです。

 

歌わずに済めばよいですが、カラオケ店に入ったら最後、なぜか全員「必ず歌わなければならない」という空気が漂います。

 

う〜ん・・・私は小学生時代から親族等とカラオケ行ってまして、それから10年以上、ド素人状態で歌っていましたが・・・

 

「歌わずに済めばよい」って思いますかね?

 

私は自分が音痴な自覚(そもそも楽譜読めなかった)はありましたが、歌わずに済めと思ったことは一回もないです。あなたはどうですか?

 

カラオケのほとんどの場合、料金はワリカンですよね?
お金出すだけ出して、何もしないとかありえません!

 

特に私の場合、酒飲めないのにアルコール飲み放の料金を払わされたりするわけです。
そんな時は「アルコール飲んでるやつは寝とけ!俺だけ歌う!」くらいに思ってましたが・・・(もちろんカラオケに入り浸る前)。

 

カラオケは安くないですからね。
特に、多くの「カラオケ行こうぜ!」って時は、
土日祝前日の
夜の
アルコール飲み放の
大人数分の料金を払う(そして他の人の歌う時間ばっか増える)わけじゃないですか。

 

「なぜか全員『必ず歌わなければならない』」状況も、こうした背景があるわけです。

 

〇〇さんがどんな歌を歌うか楽しみだ〜とか、
なんで〇〇は歌わないんだ!場がシラけるだろうが!とか、
〇〇はどうせ下手なんだろ。苦しめ苦しめ〜ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノとか

 

皆思ってるわけじゃないんです。お金払って何も歌わないとかカワイソすぎるから、歌ってない人にも歌わせようとするし、暗黙の了解で順番(わかりやすいから時計回りとか)に歌うようになっているのです。

 

ていうか歌わない人ってほとんど見たことないんですが・・・2曲連続で歌う人とかたまにいますけど、歌うの拒否する人なんていたかな・・・?

 

渋々歌えば音痴を指摘されることも…。

 

私は音痴カラオケ歴長いですが、一回も指摘されたことありません(´・ω・`)
女性同士のマウントの取り合いとかならあるのかも?男性同士なら悪友でもそんなのないです。

 

音痴指摘なんてあったら、のび太とジャイアン並の力関係でしょうね・・・ヤダ、そんなカラオケ。

 

歌わなければ気まずいし、歌えば笑われて恥ずかしい思いをするかもしれません。

 

先述の通り、お金払って歌わないとかありえないので、歌わない人がいると皆気まずくはなるでしょうね(経験ないですけど)。

 

渋ってる女の子に「俺と一緒なら大丈夫だろ?(キリッ)」とか言って歌わせられたら良いんですけど・・・あ、イケメン限定か。

 

「笑われて恥ずかしい思い」ってのも無いですね。
ネタ曲なら皆笑いますけど、それも「笑ってくれる」感じですよね。

 

マジメな歌を一生懸命歌ってる人(だが下手)を笑い飛ばす人なんて見たことないですよ(´・ω・`)

 

そうですねぇ・・・ヒトカラ始めた頃(だが下手)に、バイト仲間(男性も女性もいる)でカラオケ行った時に、18禁ゲームの歌とか歌いましたが、何も聞かれませんし、騒がれませんでしたけど。
私がオタクだって知ってる先輩とかは「何の曲よ今の?」とか聞いてきたりしましたけど、「エロゲーです」「あっそ」で終わりです。

 

カラオケなんて、他の人の曲に興味持ってる人は、ほとんどいないですよ。
ほとんどの人は
「次何歌おう・・(検索)」
「次何飲むかなぁ・・・(メニュー)」
「タバコもう一本行くかぁ」
「隣の子と喋ったほうがいいかな、喋んなくていいかな」
「〇〇さんの隣行きて〜」

 

・・・せいぜいこんなことしか考えてないです。

 

ごく少数の「興味ある人」も、わざわざ下手な人を笑い飛ばしたりしません。
せいぜい、そこそこ上手い人に「〇〇ちゃん上手いね〜(^^)」って言うくらいでしょう。

 

カラオケは音痴の人間にとって非常に辛い選択をせまられる場なのです。

 

ここまで書いてて、「歌うのが苦手」な人の方が、問題として大きいんじゃないかと思ってきました。音痴関係ないやん。

 

騒がしい音、他人の歌を盛り上げなきゃいけないムード、曲を被らせてはいけないという無言の圧力…。

 

あー・・・確かに騒がしいのが苦手な人はいるかもしれません。カラオケなんて爆音流してなんぼですし(採点の時は静か目で!)。
騒がしいのが苦手な人は、カラオケ行かなくていいと思います。大金はたいて嫌な思いをするものではありません。
「付き合いってもんがあるでしょ!」という人もいるかもしれませんが、カラオケで誰かと仲が良くなったり悪くなったりすることはないですよ。これは断言できますね。

 

色んな人間関係があるでしょうが、例を挙げていくと

 

1.職場や学校の先輩と仲良くなりたい
無いです。

 

先輩がネタ曲を歌うと「へ〜」って思って終わりです。
先輩が上手く歌うと「上手いな」で終わりです。
先輩が下手に歌うと「下手だな」で終わりです。

 

後輩や同期でも同じです。

 

カラオケでどうこうなるのと、職場等の円滑な人間関係には、何の関係もありません。

 

カラオケで先輩を盛り上げた所で、職場で怒られることが減るわけでもないし、カラオケでケータイばっか眺めてた所で、職場で怒られることが増えるわけでもないです。

 

2次会カラオケだと「〇〇さんのビール半分切ってるぞ!」とか「〇〇さんにおかず取れや!」とかも無いでしょう。

 

2.気になる人がいる
カラオケはアプローチ場所として全く向いてません。
飲み会・職場・校内・サークル内・・・他の場所でアプローチしてください。
カラオケに行かなくても、その人と関係が近くなったり遠くなったりはしません。

 

3.仲が良いグループとの関係を維持向上させる
別にカラオケじゃなくても良くないですか?
騒がしくないイベントに一緒に行ったり、バー行ったりで十分でしょう。
騒がしいのが嫌いな人を、脅してカラオケに連行するような人とは、仲良くしなくていいです。

 

4.むしろ、出会いを求めている!
話がズレてきとる・・・。
私も散々やってましたけど、少なくとも男性が女性をゲットすることはできません。
SNSでつながる以上の発展は不可能です。
むしろ、SNSでつながれたら良い方です。(スルーされることも多々!)

 

長くなりましたが「盛り上げなきゃいけないムード」はモノによります。
そもそも盛り上げる必要もないグループも多いですし、盛り上げなきゃいけないグループなら、あなた1人ジュース飲んでた所で、誰も気にしません。気楽に行きましょう。
逆に、誰かが下手に盛り上げようとすると、盛り上げムードが出来ちゃったりします。動かなきゃいいのです!

 

「曲被り」に関しては、曲被って嬉しい人もいないでしょう?(´・ω・`)
「あー、その曲、次俺が入れようとしてたのに〜!ヽ(`Д´)ノ」ってことは多々ありますが、別の曲歌えばそれでいいじゃないですか。
どうしてもその曲を歌いたかったら、ヒトカラ行けばいいんです。
ヒトカラ常連になれば、曲被りなんて微塵も気にならなくなります。

 

自分のペースで楽しみたい人にとっては苦痛なことばかりです。

 

こんな人いる?(^^;
ヒトカラ行けば全て事足ります。

 

拘束時間の長さやフードオーダーの煩わしさなど、カラオケのシステム自体が苦手という場合もあります。

 

まぁ拘束時間は長いですよね。その長さが好きだから皆カラオケ行くんじゃ?(´・ω・`)
もし拘束時間を短くしたいのであれば、少人数で昼行けばOKです。てかヒトカラ。

 

オーダーは煩わしいですが、カラオケで食べる必要がそもそもないです。高いし、大して美味くないし。
電話で注文は確かにウザいですが、最近はタブレットで頼む店も増えてますし、あんま気にしなくていいんじゃないでしょうか。
てか頼まなくていい。飲み物はドリンクバーの店に行けばOK!

 

別に歌うこと自体楽しくないし、他人の歌も聴きたくない、単純にカラオケというものに興味がないという人もいます。

 

先述のとおり、こういう人はカラオケ行かなきゃいいんです。

 

日本ではメジャなー娯楽としてすっかりおなじみのカラオケですが、実は海外ではカラオケ文化はこれほど浸透していません。

 

その理由のひとつとして考えられるのは、自己表現力の差です。

 

意味不明なことがつらつらと書かれているのですが、確かに海外ではまだメジャーではないです。

 

とはいえ、カラオケ世界大会なんてのも行われていますし、アメリカ人に「karaoke(キャリオキ)」って言うと大概知ってますよ。

 

さらに、当サイトも多くの国からアクセスされていますよ。アメリカとオーストラリアが特に多いです。
現地民なのか、現地に住んでる日本人なのかわかりませんが、いずれにしてもカラオケの需要が少しはあるわけです。

 

自分の歌声に自信がなかったり、人前で歌うことに抵抗があったりする場合は、ぜひ同席者に一緒に歌ってもらいましょう。

 

これはやめた方がいいです。
誘われるとわかるんですが、わりと迷惑です。

 

まず、お金や順番の話です。
皆で平等な回数歌おうという暗黙の流れを作っているのに、誘われた人は多く歌うことになり、誘った人は少なく(0.5回的な)歌うことになります。
これは良くない。和を乱す行為です。

 

そして、誘う側は良いとしても、誘われる側は「その曲あんま好きじゃないor知らない・・・」と思ってるかもしれませんよね。
人の気持ちを考えないのはわがままというものですよね(^^)

 

さらに、私がそうですが、「カラオケは1人で歌うもの!」という人もいるんです。
パートナーが下手だろうか上手だろうが、自分の歌うのを邪魔されたくないんです。
これも人の気持ちを考えれる人ならすぐわかるはずです。

 

カラオケ事情を知り合ってる友人となら可能かもしれませんが、そういう人がいるなら、一緒にカラオケ練習すれば済むことですよね・・・。

 

歌える曲を決めておく

 

当サイトでもこれは当然としていますが・・・

 

そこでおすすめなのは、アップテンポのノリの良い曲です。

 

これですよ( ´д`)
いや、曲の雰囲気とか関係ないから・・・。

 

アップテンポだと、喋りたい人の邪魔になったり、他の人に注目される可能性も高くなります。
バラードが良いってわけでもない。
曲は関係ないです。

 

合いの手を入れたり、備え付けの楽器を鳴らしたりと積極的に他人の歌に介入していけば、あまり歌わずに参加しているアピールが可能です。

 

やめなさいっつの(;^ω^)
合いの手やタンバリンがうるさい、邪魔だって人もいるんです!むしろ多いよ!

 

人の気持ちを考えられるオトナならおとなしくしてなさい!
騒がなきゃいけなさそうだったら、テキトーにそうしてりゃいいです。あくまでテキトー!

 

さらに、みんなの飲み物のオーダーや音量調整などの環境整備に気を配ることで、

 

飲み物なんて好きに頼めばいいよ( ´д`)コワイ上司との1次会じゃないんだから・・・。

 

あと、音量調整とかはフツーしないっすよ?するにしても、最初に音量デカくしてあとそのまま。
エコー切るとか余計なことはしません。

 

 

こんな所ですかね。
原文がどんどんテキトーになってきたんで、私もテキトーになっちゃいましたが(;^ω^)

 

う〜ん・・・「歌うのが嫌いな人」について考えてみますかねぇ・・・。

 

 

カラベタTOPへ