カラオケバトル出場者の記事| カラベタ

カラオケバトル出場者の記事

テレ東プラスにおいて、カラオケバトル出場者が、カラオケで高得点を取る方法を聞いた記事があります。
一応、「カラオケで」となっていますが、カラオケバトルの話&2019.4.13の記事なので、DAM STADIUMの話で間違いないでしょう。

 

 

余談ですが、私はローカル新聞とTVに取材されたことがあるので、実際言ったことと編集された結果の相違は、ある程度分かってるつもりです。

 

記事作成日:2019.7.19 更新日:2019.7.19

 

【ポイント2】声の大きさ

「音圧も大事。カラオケ採点機に声の大小をチェックする項目はないですが、パワフルな声で歌うと高い点数が出ることも」

 

間違ってはいないですが、言葉が足りなすぎです。絶対編集者が理解していません。

 

声の大きさは、抑揚を入れた結果そうなるだけです。この書き方だと、ずっとパワフルに歌っていればいいと読者が誤解します。

 

確かに私の高得点曲も、「音圧」を出せる曲ばかりですが、抑揚を付けやすい曲と言った方が、DAMにおいては誤解が少ないでしょう。
抑揚が付けにくいより付けやすい曲の方が、高得点を狙い易い(モチベが維持し易い)のは当然です。

 

なお

【ポイント3】抑揚をつける

ですからね。マジで意味わからん。

 

 

「友達とカラオケに行くと、恥ずかしくて声が小さくなりがちですが、思いっきり楽しんでちゃんと声を出して歌うのが一番。リズムに乗って歌えば点数が上がると思います」

 

【ポイント2】の続きなのですが、これはヒドイですね。絶対出場者こんなこと言ってないでしょう。

 

友達とカラオケに行くことと、高得点を取ることは全く別の話でしょ( ´д`)

 

友達と行く時は、楽しんで歌うのが一番です。当たり前。
高得点を出すには、小さい声と大きい声の両方が必要です。

 

リズムが採点に及ぼす影響はごくごくわずかです。

 

「『こぶし』『しゃくり』などの加点項目があります。『しゃくり』は、音を下から上にグンと上げていく感じ。言葉をグイっと持ち上げるように歌うと加点されやすいです」

 

嘘ではないですが、100%誤解を生みますね。
「こぶし」や「しゃくり」は、99点以上取ってる人が100点を取るための要素・・・だそうです(私は99点取れないから知りません!)。
私は「しゃくり」が一杯入っちゃう人間なので、こんなんで加点されるなら、とっくに100点近く出してますよ!

 

「声を震わせる『ビブラート』を入れると、声を長く伸ばす『ロングトーン』という加点で点数が上がったり、プラスなことが多いです。

 

嘘ですね。
DAM攻略で詳細に解説していますが、ロングトーンとビブラートに比例関係はありません。

 

おそらくこの発言の意図は
ロングトーンとビブラートは同時に判定しないと思われるので、ビブラートを上手く多用すると、ロングトーンの減点の機会を減らせて、結果的に総合的にプラスになりやすい
という、100点取れる超上級者にしかわからない話です。

 

100%嘘ではないですが、少なくとも97点以下しか取れない人には嘘です。

 

「元歌と同じ場所で息継ぎをすれば大丈夫。息継ぎのポイントを無視して歌うと、息が持たなくなってしまうので気をつけてください!」

 

こんなん当たり前やん・・・採点と関係ないでしょこれ。
むしろそんな息が続かなくなるような歌、高得点取ろうとしなくね?
編集者はこういうのを削るべきでしょ。

 

【ポイント6】は、もはや採点と全く関係ない話をしています。

 

 

 

うーん・・・私の予想では、出場者と編集者に齟齬が発生しまくりだと思います。
出場者が100喋ったのに対して1しか記事になっていないのか、出場者が言葉足りなすぎなのかは分かりませんが・・・。

 

当サイトはたくさん良い記事を書いてると自画自賛ですが、97点まぐれで取っただけの私でもこれだけ書くことあるわけです。
100点アタリマエの人なんて、こんな程度の知識や経験じゃないはずなんですよ、うん。

 

・・・まぁ、元々歌が上手い人は、自分が100点取れる理由を知らないかもしれないですけどね。

 

 

カラベタTOPへ

関連ページ

UtaTenの記事の考察