カラオケと管理人│カラベタ

カラオケがとにかく駄目だった管理人

高校2年まで音の大小と高低の違いを知りませんでした

 

 

こんにちは、管理人ikkoです。

 

 

私のカラオケ黒歴史は挙げたらキリがないですが(泣)、高2まで音の大小と高低を同じだと思ってた人はいないでしょう(^^;

 

中学理科の授業(ギターの弦の太さが〜とか、振幅が〜みたいなのありましたよね?)はどうしてたか、ですって?

 

暗記ですよっ!実感として音の大小や高低を知らなくても、暗記だけでテストくらい何とかなります(^^;

 

このページでは管理人の代表的な音楽黒歴史をご紹介します。

 

記事作成日:2019.2.1 更新日:2019.6.3

 

黒歴史一覧

 

1.歌なんてデカい声で歌ってればよい

 

全然違うというわけではないですけどね(^^;
校内合唱コンクールでまず必要なのは声量ですよ、うん。

 

・・・音の高低をわかってない人はこうなるんです!先生達も「大きな声で!」って言ってたし!

 

Kiroroの『Best Friend』、定番の『旅立ちの日に』・・・私が声の大小だけで歌った学校の歌は、数知れません(大サビはとにかくデカく歌ってました)。
おかげで、未だに合唱曲とかをカラオケで歌う時、音程がよくわかってません・・・。

 

保育園の子供たちを見てると、まさにこんな感じです(笑)
むしろ当時の私より歌がわかってる子もいるんだろうなぁ。ピアノやってる子とか。

 

2.男性ボーカルが聞くに堪えない

 

未だにそうなんですが、男性ボーカルが嫌いなんです。生理的に受け付けないんでしょうね(^^;

 

小学校前半くらいはまだ聞いていました。
といっても、アニソンばっかですけど。

 

『名探偵コナン』の最初のOPやED、近藤真彦の『ミッドナイト・シャッフル』なんかは親にCD買ってもらって聞いてました。

 

小学校後半くらいから変わりました。
テレビや有線で良いなと思った曲が、女性ボーカルばかりになりました。

 

でも「女の曲が好きとかダサくて言えねぇ!」「てか、歌が好きって言うこと自体ダセェ!」と歪んだ思考(笑)をしていたので、音楽や歌の幅は広がらず・・・。

 

現代はyoutubeで検索でもすれば、あらゆる曲が聴けるようになっていますが、当時はCDしか聞く媒体がなく(着うたどころか、ケータイが浸透していなかったですし)、小学生が隠れて歌を聴く環境にはなかったことも原因だとは思います。
お小遣いも、ミニ四駆やカードゲームに消えていきましたし・・・。

 

中学になると、ちょっとは大人になったのか、ELTをよく聴きました。
当時は『fragile』が流行りでしたし、『うたばん!』という番組でいっくんが面白かったんです。
歌の話になっても、「イ、ELTとか、が、好きかな・・・(ブルブル)」くらいは言ってました(^^;

 

高校時代は川嶋あいをよく聞いてました。「か、川嶋あいとか、が、」(略)

 

ただ、ELTや川嶋あいよりも人気なアーティストは一杯いたし、会話は基本同性ボーカルで盛り上がるので、やはり音楽や歌の幅は広がらず・・・。

 

3.高校1年の音楽のテストで7点を取った。

 

・・・もちろん100点満点のテストです(泣)。

 

別に異常に難しいテストだったわけではありません。
満点は聞かなかったですが、90点台の人もいましたし、80点台はザラな、普通のテストです。

 

内容は「調」とか、実習でやったクラギの内容とかだった気がします(7点のテストの内容なんて覚えてないです・・・)。

 

私が手を抜いていたわけでもありません。
音楽が苦手なのは自覚していたものの、一応、それなりには勉強しました。
ですが、テストは難しいんだなぁ・・・(遠い目)。

 

カラオケを諦めている方!音楽のテストで6点以下取ったことないと、諦めは許しませんよ!(笑)

 

4.カラオケで同じ曲を歌われた

 

高2か高3でしょうか。部活の宴会でカラオケに行った時、I WiSHの「明日への扉」を歌ったわけですよ。

 

部屋には7人くらいの同輩・後輩がいて、時計周りで歌っていました。

 

で、私が歌った1周後か2周後かに、とある女子の後輩が同じ歌を歌いました。

 

自分が下手な自覚もあるし、当然その子の方が上手いですわ。
周りも(2回目の曲なのに)キャーキャー盛り上がる。
私の時?盛り上がるわけないでしょう(泣)

 

これはかなり落ち込みましたね。下手したらカラオケ人生で一番落ち込んだかな・・・。

 

まぁ、これは別に落ち込むようなことではないですけどね。

 

諸々の事情で、この後輩ちゃんとは確実に仲が良かったので「あの先輩、I WiSHを汚しやがって!この濁った空気を浄化してくれるわ!」・・・みたいなことはないはずです(笑)
また後輩ちゃんは、歌とかあまり詳しかったり好きだったりって子ではなかったので、数少ないネタを歌った(歌わざるをえなかった)だけだと思います。

 

カラオケには「1回出た歌は歌わない」って暗黙のルールがありますが、別に破ったからどうというわけでもないし。

 

ただ、当時の私の主観では、非常に落ち込むべき状況だったのです。
このようなことは、あなたにもあったかもしれません。

 

5.楽器など知らない

私はもちろん、ピアニカやリコーダーも下手でしたよ(^^)
最下位だったかは分かりませんが、平均的な子より覚えが悪かったし、下手だったのは間違いないです。
他の楽器には触ったことすらありませんでした。

 

私がカラオケに目覚めたキッカケは?

 

浪人時代に、深夜アニメにハマりましてね(勉強もちゃんとしてましたけど)。
そして大学1年の時、同輩からPCゲームの世界へ誘われ・・・。

 

いわゆるオタクの世界ですが、この業界はとてもいい曲が、山ほどありました。

 

コミュ障もピークに達しており(泣)、大学時代は勉強ばかりしていたので、周りの学生の目は気にならなくなっていました(^^)・・・。

 

一方で、バイト仲間で時々カラオケに行くこともあったので、いい加減上手くなりたいとも思い始めていました。

 

そして当時、ひとつの言葉が流行り始めていました。「ヒトカラ」です。

 

カラオケ自体行くとドモっちゃうのに、俺にヒトカラなんてできるのか?
店員に変な目で見られるんじゃ?
どんなお店に行ったらいいんだ?

 

と色々不安でしたが、ヒトカラという言葉の流行りが後押しをしてくれました。

 

こんなかんじで、色んな条件が重なって、ヒトカラデビューしたのがキッカケです。
カラ鉄がデビュー場所でした。

 

下手くそだし、女性の(しかもオタク業界はJ−POPより音が高い傾向がある)ボーカルばっかりなので、それは無残な姿だったでしょうが、周りには誰もいませんから(笑)
何百円かで、順番気にせず、1時間歌えることは快感でした。

 

私のカラオケ人生が変わった瞬間なのです。

 

その後のカラオケ遍歴

 

自分は上手い?

 

ヒトカラにある程度慣れた時、別のカラオケ店で、ふと「採点でもしてみようかしら?」と思いました。

 

JOYだったのは覚えてますが、細かい機種名や採点の名前は覚えていません(分析採点ではない)。
そこで96点を2回取ったのが次のキッカケです。

 

アニメ『モノクローム・ファクター』の『metamorphose』という曲でした。
喉壊すつもりで高音張り上げていました・・・。

 

96点も取って、「採点なんてアテになんねぇからなぁ〜」と思いつつも、内心ニヤけていた私(笑)。
よくわからんが96点取れたんだから、俺は上手くなれる!
と自己暗示して、ヒトカラの世界にのめり込んでいきました。

 

もはやヒトカラプロ?

 

アキバに遊びに行ったついでにパセラでヒトカラ。
1年ぐらいですが、週1で通っていました。

 

空白が2年程ありますが
東京で仕事を始めてからは2年程、またパセラで、週2でヒトカラしていました。

 

200回以上ヒトカラ行っていますね(笑)

 

もちろん、オフ会や友人とでのカラオケにも行っていました。

 

結婚&田舎に転勤してからはペースが落ちたものの、カラオケバンバンに週1で通っています。

 

パセラ(というかパセラとカラ鉄が異質なのですが)とは違い、普通は機種を選ばなければいけません。

 

何ヶ月か通っているうちに、TV番組の影響もあり
「せっかくならDAMで高得点目指してみるか?」と思い当たり、2年。
現在に至ります。

 

管理人は上手いの?

 

DAMの精密採点DX−Gで97点をまぐれで取り、96点をちょいちょい取れ、最近は95点は1日1回は取れるかなってレベルです。

 

カラオケと管理人│カラベタ

 

音域が売りで、3オクターブ+4音です(ダメな裏声含む)。

 

カラオケと管理人│カラベタ

 

hihiAまで到達できる素人男子は、(ダメな裏声でも)なかなかいないと思います。

カラオケと管理人│カラベタ

 

・・・はい。動画観てくださった方、キモイ声ですよね?(泣)

 

ただ、あえて言うなら、若干IKKOさん入ってませんか?(^^;
てことで私の名前もikkoにしました。IKKOさんすいません。

 

一応、元々声が高いわけではない、ってことで

カラオケと管理人│カラベタ
lowF#の曲を知らないのでlowGで。

 

カラオケと管理人

 

どんな曲歌ってる?

深夜アニメやPCゲームの、女性曲ばかりです。
男性曲は、先述の通り好きじゃないのですが、喉の調整のためと、同性の歌の方が後々点数が上がりやすそうなので(上がったとは言ってない)、一応歌っています。

 

ひとりじゃない/DEEN
女々しくて/ゴールデンボンバー
モノクロのキス/シド
Hearts/西端さおり
微熱からMystery/lily white
Silent tonight/BiBi
COLORFUL BOX/石田燿子
近未来ハッピーエンド/CYaRon
beautiful flower/美郷あき
春情ロマンティック/lily white
羽ばたきのバースデイ/Babys Breath
集結の園へ/林原めぐみ
この青空に約束を/KAORI
星屑のインターリュード/fhana
同じ星が見たい/lily white

 

1日で歌うのが大体15曲なので、大体こんなかんじ。曲目は頻繁に変えています。

 

 

好きな歌手は?

橋本みゆき
かわいくて、優しくて、飽きない声です。
曲に応じて歌い方を変えるのも素敵。

 

目標の歌手は?

石田燿子
カッコよくて、綺麗で、すごく元気の出る声です。私もこんな風に歌いたい。
好きでたまらない曲が何曲かあって、ずっと歌手名を知らなかったのですが、後々、全部石田燿子だったことがありました。

 

楽器やってる?

シンセサイザーをやっています。

 

始めたのは21歳。アニメ『けいおん!』の影響と、モテる趣味が欲しいという理由です(^^;
ヒトカラデビューの方が少し早いです。

 

音取りしたり、耳コピで音感養ったりしたので、演奏した曲は音程が耳に入っているので、カラオケにも役に立っています。

 

楽器とカラオケ、同じくらい好きです。
楽器も、育児が忙しいせいで、何年もやってないですが、時間が出来たら復帰したいです。

 

なお実は、歌と楽器両方上手い人は少ないです。
私は一人も見た事がない。カラオケの知り合いもバンドの知り合いも割といたんですけどね。
最近の芸能界みたいに、2つのモノを武器にすれば、レアな存在になれるかもしれませんよ(笑)

 

今後の予定は?

プリキュアでも歌おうかなと思ってます。育児が忙しくて好きなアニメ観れないので・・・。
プリキュアは明るく楽しい曲が多いようなので、私に向いてそうです。