カラオケと発声

カラオケと発声

たかがカラオケとはいえ、喋り声だけでは楽しく、綺麗に歌えません。
声の種類について考えていきましょう。

 

記事作成日:2019.2.1 更新日:2019.8.15

 

ミックスボイスを手に入れる?

自分に合った音域の歌が好きな人は、それで全然構いません。

 

しかし、どうしても高音の歌を歌いたい人種もいます。私です。

 

 

女声の高音って、素敵やん?


 

本来、歌というのは地声のみで歌うべきものらしいです。
ただ、その辺の男性が地声のみで歌える曲なんて限られてます。
ちょっと高めの声の女性曲で、もうギブアップでしょう。

 

その「ちょっと高めの曲」で満足すればいいのですが、調子こいて私みたいに高音を目指してしまう人もいます。
最初は<音が出ないけれども大好きな曲>を、歌いたいから高音の練習に励みます。

 

しかし、ある時から「高音出せる俺ってスゲェんじゃね?」と勘違いし、もっと高音を、もっと高音を!と求めてしまいます(笑)。

 

ただ、男性の高音は(相当上手い人じゃない限り)正直キモいです。
私並にレベルが低いと、地声すらキモいです。

 

録音して聴いてみると本っ当によくわかります。
ジャイアンなんて比にもなりません(^^;(むしろジャイアンは上手いと思う)
大抵の人は「こんなんで人に聴かせられねー!」と思うはずです。

 

プロの人すごいなぁと思う所は、感情表現がどっちゃらとか、音楽技術がどっちゃらではないです。
地声が人に聴かせられるレベルであることなんです。

 

そして裏声も、やや声質が変わるものの、全然人に聴かせられるレベルなのです。

 

裏声を聴かせられる秘密が、ミックスボイスです。
DAM攻略だけじゃなく、ちょっとは人に聴かせられる声を習得したいあなたは、ミックスボイスの出し方を提示しますので、練習しましょう。

 

 

上手くもなるし、ノドにも優しいので、出来ないより出来た方がいいよね


 

声の種類

 

その前に

 

いきなりですが

 

声の種類の定義はありません

 

何十時間もネットで勉強しましたが、

 

1.クネーデルだのベルカント唄法だの、用語を探したらキリがありません。

 

2.人によって言ってることが全っっ然違います。(音楽の闇ですね)

 

なので「カラオケのためだけに、素人がテキトーに考えて、テキトーにまとめた」と思っていただければ大丈夫です。
また、単語の意味が他サイト・一般論とは全然違いますので混同しないでくださいね。

 

 

本当はファルセットって単語の方が、カッコよくて好き。


 

声は7種類

 

鼻にかかる声

いきなり番外編ですが(笑)。

 

一部の女性がブリっ子する時に使う声です。
一部女性だけでなく、誰でも使えます。
誰が使っても、周りをイラッとさせます(笑)
アキバのメイドの声は大概これです。

 

声を作る人も時折いますが、プロでない限りは「鼻にかかる声」の類だと思われます。
私がキャピキャピした歌を歌う時も、たぶんこの声になっています(自覚がないのも特徴

 

舌が鼻の方に上がっているのが特徴です。
鼻の声なのに、鼻で響かない声です。

 

私はミックスボイスとの違いがわからなくて困ったので、先に載せました(^^;

 

地声

喋り声です。
何も意識してない声。

 

ほとんどの歌手は、ほとんどのパートで、地声で歌っています。
ほとんどのカラオケに行く人も、ほとんどのパートで、地声で歌っています。

 

合唱ボイス

地声と分けました。

 

合唱ボイスとは、文字通り、合唱の時の発声です。
皆知っていると思いますが、もしわからない人は「合唱」で動画を探せば星の数ほど出てきます。
地声とはだいぶ違いますよね。

 

特徴

1. 皆同じような声になる
2. よく響く
3. 余計な力が入らない
があります。まさに合唱用ですね。

 

特に、「余計な力が入らない」に関しては、合唱部の知り合いによると、「腹筋下部だけでいい。上部はマジでいらねぇ」なんだそうです。
アゴも当然、指一本でガクガク動かせます。
私はカラオケ時はもちろん、合唱時もだいたいアゴが固まってます(ダメな発声なのは分かってます( ´д`)。
経験者との差ですね。

 

私の場合、低い声を出す時は合唱ボイスっぽくなります。むしろ地声(喋り声)だと極端に低い音は出せません。
逆に、地声よりも高音が出しにくくなります。
ただこれは私の場合で、人によるんじゃないかと思います。

 

発声の仕方

音楽の授業では「口を大きく開け、お腹に力を入れて、遠くに届くように」と指導されます。

 

口を大きく開けるのは、口内での響きを強め、声量を大きく(合唱用なので)するためと思われます。

 

お腹に力を入れるのは、音がズレないようにするためと、息の量を制御するためです。

 

遠くに届くようにとは、声量を大きくするのと、息が出るようにするためと思われます。
息が出ないと、声が口から出てこないらしいです。

 

裏声

声の高い女児のマネをしてみましょう。「せんせ〜あそんで〜!」とか。
それが裏声です。

 

1.喉が締まり
2.息が体外に出ず
3.舌が後方に上がり
4.声は上方に行ってる気がする(前に伸びない)
のが特徴です。

 

この定義は、他サイトとは全く別です。

 

男性が録音して聴くと、キモさ増し増しです(笑)
女性はあまり変わらないです。いいなぁ・・・。

 

何曲かで使うと、喉が枯れて、音域が狭くなっていきます。

 

奇声

裏声の発展型で
1.喉が絞まって固定され
2.息が出ず
3.舌が後方に上がりまくり
4.声が後方に行っている気がして
5.一切声量を制御できない
のが特徴です。

 

あなたの最大音域です。

 

周囲には、音量的な意味と、キモさ的な意味で耳を塞がれます(^^;
女性で奇声を使ってる人は見たことないですが・・・たぶん、男性よりはかなりマシに聴こえると思います。いいなぁ・・・。

 

数回発声するだけで、その日は高音が出なくなります。

 

 

なまらノドに悪いよ


 

ホイッスル

映画やドラマで、女児が幽霊とか見て「キャーーーー!」って言うシーンありますよね。
あれがホイッスルです。
成長するにつれて出来なくなるらしいです。私もいつの間にかできなくなってますね。
説明は不要だと思いますが

 

1. 喉や舌や唇を特定の形に完全固定するので
2. ア しか発音できない

 

のが特徴です。

 

ミックスボイス

 

そもそも論

ミックスボイス、ミドルボイス、ファルセット、チェストボイス、ヘッドボイス・・・
調べると本当に色〜んな用語がありますが、全部海外のどっかの団体やらスクールやらの、造語らしいです。

 

つまり<音楽たしなむもの全てが熟知しておくべき内容>・・・ではありません。
各用語は、各サイト、各人によって、意味が千差万別だということは間違いないので、覚えておいてください。

 

また、参考にしたサイトは山ほどありますが、
一番参考になったのはサクセスボイスです。私の素人ミックスボイス理論は、ここの理論が基礎になっています。

 

では、私なりの見解です。

 

地声と裏声の間に存在できる

 

ほとんどの地声と裏声は、ミックスボイスに変換できます。
最低音周辺の地声と、最高音周辺の裏声は無理だと思います。

 

条件は4つ

I. 喉が脱力して開かれている
II. 舌も脱力しているので、上がってない(下げるわけではない)
III. 鼻から息が流れている
IV. 鼻腔(鼻から口への通り道にあるデカい空洞)で響いている

 

です。

 

地声ミックスボイスと裏声ミックスボイスがある

歌声は大きく地声と裏声に分かれます。
それぞれをミックスボイスに変換できます。
よって、歌声は4種類あることになります。

 

私の場合は
カラオケと発声
こういう範囲になります。

 

地声ミックスボイスとは

地声は大体条件が揃っているので
鼻から息を流して、鼻腔で響いていれば
地声ミックスボイスです。

 

裏声ミックスボイスとは

 

4つの条件を満たせばミックスボイスです、が・・・
練習していただくとわかると思いますが

 

裏声出なくない?

 

あるいは

 

喉絞まっちゃわない?

 

はい。色々試行錯誤したのですが、喉絞めないと高音出せないんです。

 

じゃあ裏声ミックスボイスとは何なのか?

 

4つ条件があるじゃないですか。あれをいくつか満たしたら裏声ミックスボイスだと思うんです。

 

そんな馬鹿なヾ(゚Д゚ )ォィォィ という意見が聞こえてきますが、これ以上の言いようがないんです。

 

 

自分でも暴論だとは思ってるけど、DAMさんはOK出してるんだよね・・・


 

裏声ミックスボイスの段階

裏声ミックスボイスには様々な段階があります。

 

まず、練習次第でできるであろう(私も練習中ですが)、II. III. IV.の内、1つでもできていれば
<99%くらい裏声だけど、1%くらいのミックスボイス>

 

II. III. IVの全てができていれば
<ほぼ裏声だけど、ちょっとミックスボイス>

 

喉が割と締まっていたら
<半分裏声、半分ミックスボイス>

 

喉が少し絞まっていたら
<少し裏声の、大体ミックスボイス>

 

喉がほとんど絞まっていなかったら
<ミックスボイス>

 

になります。

 

なお、私の場合、hiEは少し絞め、hiF#は割と絞めで行くのですが、hiFは「喉を全力で開く」という謎の段階になります・・・。

 

ミックスボイスにしにくい音がある

日本語はア〜オ段と「ン」の6つの発音がありますが、ミックスボイス化しにくい音があります。

 

発音しやすいのは ン>ア段≒オ段>ウ段>イ段>エ段 です。

 

一番簡単です。鼻から息さえ出せば、地声ミックスボイスの完成です(笑)
ミックスボイスの導入にはもってこいですね。
ビブラートが少し難しくなるので、発声練習用の音かもしれませんね。

 

ア段

一番ミックスボイスに合っています。
難点はありませんが、自分で出してるのが裏声なのかミックスボイスなのかわからなくなりやすいです。

 

オ段

ア段とあまり変わりませんが、唇をやや閉じるため、口蓋もやや閉じます。
響きにくくなりますね。(口蓋や鼻腔なんか響きに影響しない!という説もあります)

 

ウ段

オ段の難点を悪化させているためです。
声量も制限されるので、ウ段まで来るとミックスボイス的には嬉しくないです。

 

イ段

いよいよ舌を上げなければいけませんが、「ミックスボイスの条件II」と矛盾しますね。

 

また、どことなく鼻に息が通しにくいです。
さらに、「イ」が「ヒ」になりやすいです( ´д`)
なので、イ段とエ段では、完璧なミックスボイスが出来る人はいないんじゃないかと思います・・・。

 

エ段

イ段は、ほとんど舌が上がってない状態に出来なくもないですが、エ段は無理です。ガッツリ舌を上げる必要があります。
なのでエ段に関しては、綺麗なミックスボイスにするのは困難です。少なくとも私は無理。

 

プロはどうしてるんだろう?

プロはミックスボイスを皆習得してるというのが大半の意見です(一部違うという人もいますが)。
私も自分の声のヒドさ(裏声もですが、地声も)を知ってから、やっぱプロはスゴイなと思っています。発声が綺麗です。

 

高音で裏声ミックスボイスを使ってると思われるのは、やっぱり平井堅でしょうか。
hiD♯等を出しています。
私も感覚ではhiD程度は出せてると思うんですが、完成度がもう、ね、比較にならない(^^;

 

さて、たぶん彼も喉は絞めていると思います。
ただ、音域が広ければ、ほとんど喉を閉めずに発声できるので、綺麗なミックスボイスとして、もてはやされるのだと思います。

 

あるいは、ただの地声ミックスボイスかもしれません。
地声の音域が広ければ可能でしょう。
これなら誰にも文句を言われない、完璧なミックスボイスです。

 

私の理屈では、地声ミックスボイスなんて使う理由がないのですが、歌手の場合は表現方法として使うのでしょう。素人とは違いますね(^^;

 

 

ソロライブとかやる人は長時間歌うのもあって、裏声ミックスは使わないと思う


 

.裏声は喉を絞めない?

裏声だのファルセットだの高音だのを調べると、意外と喉絞めについては触れられていません。
「喉を絞めて歌う奴なんていないだろ」という前提なんですかね?ここにいますけど(^^;

 

まぁ、これは別にいいんですが、問題なのは
「喉を絞めると高音が出ない」
という意見です。このサイトは一例ですが、多いですよ。特に経験者やプロっぽい人に。

 

彼らからしたら私はド素人未満でしょうが、喉絞めプロ(?)としては真っ向から反対します。

 

喉を絞めない声は裏声ではありません。どこまで行っても地声です。
せいぜい「音域が1オクターブもない」というような人に対して
「地声でも音域はもっと出るんですよ」っていう話だと思います。

 

地声の高音域調査なんて、鍵盤と叩きながら音上げていけばすぐ終わります。
地声の音域は伸びないからです。「あぁ、ここまでか」で終わりです。

 

私はそもそも音階すら知らなかったわけですが、シンセサイザーを買って(ヒトカラには時々行っていた程度)、音を鳴らしながら自分の地声音域を測ってみました。
今でもその音域は変わっていません。当たり前ですが。

 

つまり、本っっ当に発声の仕方がわからない人に、まだるっこしく言ってるだけです。
こんな意見は気にする必要はないのです。高音を出すなら裏声です。

 

なお、裏声に慣れる内に、地声高音なんぞ、簡単に出せるようになりますよ。

 

 

なお地声最高音は、歌で使うの結構難しい


 

各声の使い分けは?

地声: 基本的にこれで歌います
地声ミックス: 表現方法として使います。
裏声ミックス: 高音はなるべくこれで。
裏声: 裏声ミックスで届かないから、仕方なく使う
奇声: 最終手段。続けると音域が伸びます(笑)

 

まぁ奇声じゃなくても、裏声でも続けてたら音域は伸びます。

 

声帯の開閉?

ファルセット・ミドルボイス・ミックスボイス等の単語に、声帯を開くとか、閉じるという言葉は必ずくっついてきます。
これは意見が真っ二つです(笑)。半々くらいです。
私は「息を吐くと、声帯が開き、声帯靭帯を使えるので、高い声が出る」と認識しています。

 

高音を歌えるようになるには?

まず自分の音域を知ること

鍵盤楽器で1音1音、自分がその音を出せるか確かめてください。
裏声でも奇声でも、大声でも構わないので、限界まで高く。

 

待って!その音が出せてるかわからない!

こういう人も多いと思います(私がそうでした)。

 

こういう方はまず聴音(耳コピ)の訓練と、音楽の基礎から始めるのが良いです。

 

「え〜、勉強とか訓練とか面倒くさい(´・ω・`)」と思う人もいるでしょう(ほとんど?)。
当サイトも『基礎練習』『〇〇の訓練』みたいな話を限界まで避けていますが、この音程関係は勉強しないと一生わからないですし、やらないと後で後悔するし、DAMもどこがどの音程と教えてくれないので・・・。
私も22歳頃から初めて音楽の勉強したので、今更感は分かりますが、ぜひやってみてください・゚・(つД`)・゚・

 

 

まぁこのページ見てて聴音や音名を知らない人はいないかな・・・


 

聴音のやり方

付き合ってくれる人がいれば
相手:鍵盤楽器で1つの音を押して、「これ〇の音ね」→他の音を鳴らして「じゃあこれは?」と言う
自分:その音を当てる(ファ♯ など)
が簡単です。

 

1人でやる場合は、まず用意するものがあります。

 

1.鍵盤楽器。安いのでいいです
2.楽譜を自分で作れるソフト。なかったら五線譜。なかったら紙。
3.PCかスマホ(このサイトを見れていれば大丈夫です)。
4.曲(CDでもyoutubeでも何でも。1番だけでも可)
です。

 

まず、大好きで、なるべく有名な曲を1曲選びます。
グーグルで「〇〇(曲名) 楽譜」で検索します。楽譜→スコア、譜面 などでもいいです。

 

サイトや画像などで、その曲の楽譜を手に入れます。
買った方がいいですが、サンプルの一部等でも大丈夫です。

 

楽譜を手に入れたら、楽器を準備します。
楽器も安いのを買った方がいいですが、アプリやフリーソフトで構いません。『ピアノ for iphone』とか、『http://life.a.la9.jp/piano/』とかでいいです。

 

そして、歌の歌詞を聴いて、1音1音、鍵盤のどの音かを考えます。
楽器を鳴らし、自分の口と鼻で「ん〜↑ ん〜↓(´・ω・`)?」と出しまくって、全力で1つの音に絞ってください。

 

次に、その音をソフトや紙に書き込みます。

 

ある程度できたら、手に入れた楽譜と照合して、答え合わせをします。

 

聴音は非常に面倒で疲れますが、やればやるだけカラオケ・歌に効果を発揮します。やりすぎってことはありませんよ(^^)

 

待って!そもそも、ドとか、ラ♭とかよくわかんない!

こういう人もいると思います(私がそうでした)。

 

これは15分くらい真剣に勉強すれば覚えられるので、どうか覚えてください!聴音と違い本当にすぐなので!(´;ω;`)

 

音楽サイトは山ほどあるので、自分でとっかかりやすそうなので、OKです。
私が勉強したサイトは、今は見つかりませんねぇ・・・。dn-voiceというページの内容くらい覚えておけばカラオケでは大丈夫かと。
なお、私が音楽を初めて勉強したのは、シンセサイザーを買った時に貰った小冊子です(^^

 

一応、カラオケ用超音楽基礎

「他のサイトとかいいから、何を覚えときゃいいのか教えろ」というあなたへ(^^;

 

まぁ、確かにカラオケのためだけならそんなに音楽基礎知らなくてもいいですけどね(私はシンセサイザーを並行して始めたため勉強しました)。
超ザックリ説明します。

 

1.音は12種類ある
ド、ド♯、レ、レ♯、ミ、ファ、ファ♯、ソ、ソ♯、ラ、ラ♯、シの12種類。
次のドからは「1オクターブ上の音」と言います。
カラオケサイト等(当サイトも)ではAとかhiFとか書かれたりします。
Aはラ、hiFは「1オクターブ上のファ」を示します。

 

2.音の種類は万国共通ではない
国や文化によって音の種類は様々であり、「DAM国」においては12種類×16分割=192種類で判定されます。音程バーでは「16分割」は表示されません。

 

3.基準は ラ で、音の高さは440hz くらい
電話の発信音が ラ です。成人男性には結構高いです。
ラ が基準なので、ラより低い音が「低い音」、ラより高い音が「高い音」だと思っておけばよいです(適当)。
音域が狭い人も、とりあえず基準の ラ を出せるようにしましょう。多くの曲の最高音は ラ の前後です。

 

4.キーとは
音を全体的に1種類分上げ下げすると思っておけばOK。

 

 

これくらい覚えておけば、カラオケでは大丈夫


 

最高音域が半音、または1音高い歌を探す

話を戻します。高音を出すために自分の音域を確認しましょうという話でした。

 

次はグーグルで「最高音 (最高音) 曲」などで検索をかけます。 (最高音) は、たとえば高いドだったら hiC 、ファだったら mid2F と入れてください。

 

これで自分の好きそうな曲を探し、カラオケで練習します。
同じ要領で、自分の最高音と同じ最高音の曲も数曲探して練習するといいでしょう。

 

とにかく練習

ザックリですが、週1回の練習を1年〜2年やれば最高音は半音上がります。
ただ、これは本当の限界を拡張するスピードであって、高音の出し方をそもそも分かってない段階ならば、もっと早く伸びます。私はこの10年で1オクターブ上がっています。歌える曲が増えると、楽しさ3倍増ですよ〜(*´ω`)

 

高音はどこまで行けばOK?

自分の歌いたい曲が全部歌える音域になれば、それで十分です。

 

ちなみに私みたいに「高音を出せば出すほどエラい」と勘違いすると

 

 

こういう動画を見たり

 

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1263972182

 

こういう記事を見て「あっ・・・」となります( -ω-)y─┛~~~~~

 

 

次のページ:カラオケの豆知識

 

 

 

カラベタTOPへ