カラオケDAM精密採点Aiで96点を取るには?P2

DAM Ai 攻略

優先順位1 しゃくり・こぶし・ビブラート

精密採点Aiを攻略するにあたり、最優先事項は「しゃくり・こぶし・ビブラート」になります。

 

DX-Gではビブラートは別物でしたが、Aiでは一くくりで良いと思います。

 

理由なのですが、精密採点Aiにおいて、チャートの一つ「表現力」をどう取るかが最大の疑問です。

 

Aiに切り替わった「カラオケバトル」でも、少なくとも当初は、出場者も表現力に大苦戦していました(3月現在どうなってるかはわかりません)。

 

そして表現力は、確認している限り21点まで下がることがあります!!こんなん取ったらチャートもへったくれもありませんよね!

 

そしてそして・・・表現力はAi感性点と強い比例関係があります。

 

Ai感性点プラスマイナス15点(ほぼプラマイ10)に表現力は収まると言っていいでしょう。

 

(´・ω・`)「Ai感性点と表現力が30点も違ったんだけど?」

 

という方もいるかもしれません。それは抑揚を見てください。おそらく、抑揚が50〜60点以下の場合、Ai感性点から大きく減点された表現力になります。

 

なお、抑揚はDX-Gと違い、平坦に歌えば満点近く取れるのですが、ウチの妻は抑揚0点とか出してるので(全く変な歌い方ではない)、抑揚が50点を常に切るような場合は、管理人もどうしたらいいかわかりません・・・。

 

さて話の続きですが、Ai感性点を上げるには、しゃくり・こぶし・ビブラートの数を入れまくれば良いのです!これは現在主流のやり方で、ほとんど全ての総合100点記録で行われています。
※しゃくり等を何十回くらいしか入れてないのにAi感性・表現力が満点近い記録がありますが、ごくごく一部であり、理由は私には分かっていません。

 

しゃくりって何?

一つの音を出している状態で

1.高い音へ
2.滑らかに移動する

としゃくりになります。音楽用語に「スラー」がありますが、音を上げてるスラーと同じとも言えます。

 

高い音へって、どこからどこまで?

スラーの場合、半音以上は上げます(多分)。
しかし、DAMの特長として、同じ音を出していてもしゃくりが入る時が多々あります。

 

理由はおそらく、DAMは一つの音(たとえば ド)を、更に16分割しているため、同じ音の間でもしゃくり扱いになると思われます。

 

まぁ、じゃあ例えば「16分の8つ目」を出している状態で、滑らかに「16分の7つ目」に移動したらしゃくり扱いになるかというと、わかりません(笑)。
私はそんな音感ないので・・・絶対音感の人でも16分の1ってわかるのかな・・・?

 

とりあえず、高い音へ移動していることが第一条件です。幅の上限は多分なく、「ド→ソ」とかでも、しゃくり扱いになると思われます。

 

滑らかに移動、とは?

早速音を上げる練習を始めたい所ですが、見落としがちな点(私は見逃してました)

 

滑らかに移動、というのもしゃくりの条件です。テキトーに「ド→ソ」とかに移動しても、しゃくり扱いになりません。

 

この「滑らか」の条件もハッキリとはしません。
半音区切りで上がっていればいいのか、16分の1刻みで上げていかなければいけないのか、等々の条件は全く不明です。

 

次のページ:DAM Ai攻略3ページ目